加圧トレーニング用の下着の効果と注意点

加圧トレーニングをやってみたいけれど、費用が高くてキツそう、自分には無理かも…と不安に思う人こそ、加圧下着によるトレーニングをお勧めします。加圧トレーニングを始める際にハードルとなった、ジム通いも、専用器具も必要ないですし、思い立った時にいつでもどこでも出来るので「やらなければ!」と気負う必要も全くありません。でも、お手軽な分、トレーニングメニューやコントロール方法が自分では分からないというデメリットもあります。楽しいトレーニングをするために、一緒に見ていきましょう。

加圧下着の選び方

加圧シャツ、加圧タンクトップ、加圧タイツ、加圧レギンス、加圧スパッツ等の商品名で紹介されており、スポーツショップやネット等色々なところで手に入れることができます。価格は大体2000円〜5000円の範囲が多いようです。安い商品でも効果は充分に得られるため、口コミや評価などを参考にして選んでも良いでしょう。

選ぶ上で大切なポイントは、何と言っても生地の素材です!これが自分にあっているかどうかで、パフォーマンスが全く違ってくるのです。ストレッチ性があり、通気性に優れ、速乾性があるものを選んでください。次に大切なのは、鍛える目的に合った製品を選ぶということです。

例えば、腹筋を鍛えたい場合には、上半身を引き締めてくれるシャツやインナー、姿勢の補正にはコルセット、全身のダイエットには発汗を助けてくれるものなど。加圧インナーは、値段よりも、生地の素材やトレーニングの目的によって合ったものを選ぶべき、ということですね。

加圧インナーは、着ているだけで筋肉に圧力を与え続け、血流を制限し続けるので、当然リスクもあります。体に余分なストレスをかけることなく、効率よく効果を得るためには、正しい選び方と正しい着用の仕方が最重要です。

筋肉増強にも良い効果がある

ムキムキマッチョになりたい人にも、美容と健康のために筋肉量を少しだけ増やしたいという人にも、加圧インナーの着用はお勧めです。筋肉を作るには、常に筋肉に力を入れて刺激し、筋肉の成長を促すようにしなければなりません。ですが、仕事中、特にデスクワーク中はなかなか、それを意識して行うのは難しいですよね。加圧インナーは着ているだけで筋肉を緊張させてくれますので、それが可能になるのです。

本気でムキムキマッチョを目指す人は、それに加えて筋肉痛とお友達になるくらいのハードトレーニングや、プロテイン、食事メニューの工夫などが必要なのは言うまでもありませんが、目的が美容と健康のためという人も、加圧インナー着用にトレーニングを加えるとより効果が上がります。

例えば、ドローインという腹筋のトレーニング。背筋を伸ばした状態で、お腹がペタンコになるまでへこませた状態を30秒キープし、ゆっくり戻すというのを繰り返すというものです。大胸筋のトレーニングも、デスクなどで手軽にできます。肘を180度張って合掌した状態で、力を入れるというもの。背筋のトレーニングは、その合掌状態のポーズから手を前後に組み替えて外に引きます。

いずれも、座った状態でも気軽に出来るトレーニングです。オフィスの雰囲気的にそれも難しいという場合は、時々、拳を握ったり、椅子の下で爪先立ちをしてみてください。

腰痛を抱える人にも効果的

近年の国民病とも言える、腰痛やヘルニア。その原因は主に、筋力低下による姿勢の歪み、逆に骨や筋肉に負荷をかけ過ぎてしまって、正しい姿勢をとれなくなったことにあると言われています。腰痛、ヘルニアは、20代から40代という働き盛りの年代の発症率が高いところを見ると、ストレス社会と過労と、そうしたことに大いに関係がありそうです。

さて、運動不足から来る腰痛も、過労からくる腰痛も、筋肉がうまく機能せず、正しい姿勢につながらないという点では一緒です。そこを加圧インナーで補助してあげるのです。代表的な例では、猫背。パソコン業務やスマホ操作を長時間行うなど、生活の中で、無意識に猫背の姿勢を取ってしまう時間は、意外と長いのではないでしょうか。猫背というのは一見楽なようですが、腰にとっては過酷なポーズです。腹筋力に頼らない姿勢のために、上半身の全体重を腰で支えなければならなくなるからです。加圧シャツなどで腹筋を助けてあげ、大胸筋を持ち上げるのをサポートすることで、かなり違ってくるはずです。更に加圧タイツで腰回りの筋肉を持ち上げるようにサポートすることで、腰の一箇所に負担が集中しないようになります。

とにかく、腰にかかる負担を体の他の箇所の筋肉に分散し、上方向に釣り上げるイメージが大切です。

加圧下着のサイズ、着用時間には要注意!

加圧インナーは、通常の服のように、メンズとレディースがあり、S,M,Lなどのサイズ展開があります。しかし、難しいのは、加圧インナーは、筋肉に緊張を与えるものなので、わかりやすく言えば体にぴったり沿った「ピタピタ、ピチピチ」のものを選ばなくては意味がないという点です。

加圧シャツなどトップスを選ぶ場合に大切なのは、胸回りとウェストサイズを把握することです。男女ともに、人間は胸回りが最も張っている部分です。その上でウェストサイズと合わせて、判断すると良いでしょう。S,Mなどのサイズは、単純に身長と体重から割り出した平均ですので、全ての人に当てはまるものではありません。小柄だけど筋肉質な体型の人もいれば、痩せ型で身長の高い人もいます。表記されたサイズよりも、数字で何センチと書かれているところに注目しましょう。

着用時間ですが、基本的に24時間着用しても大丈夫であるということになっています。寝ている間もオッケーということです。しかし、筋肉を育てるためには、休息する時間も大事です。ですので、寝る時に着用する場合は、無理のないフィット感で過ごしていただきたいものです。起きている間より少し大きめのサイズを選ぶことをお勧めします。また、24時間着用可能と書いてある製品もあります。

食事との組み合わせにも気を配るべき

さて、加圧インナーを身につけるメリットの一つとして、空腹を感じにくくなる、ということがあります。筋肉を刺激し続け、ずっと緊張状態を継続させているためです。従って加圧インナーを着用して食事をするのは、ダイエット目的の人や、食事制限中の人にとっては効果的です。

しかし、特別な食事やお酒を飲む際に加圧インナーを着用することはお勧めできません。加圧インナーは特に腹部に強い圧をかけるように出来ています。その時に、ビールを飲んでいたらどうなるでしょう?加圧インナーに膨らんだお腹を押し戻され、気持ちが悪くなることは目に見えていますね。

このように、加圧インナーには食事の種類とシーンとの相性も考える必要もあります。

有酸素運動との相性

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をする際に加圧インナーを着用すると、正しい姿勢がキープされるため、良い効果があると言われています。有酸素運動をする場合、加圧インナーは全身の筋肉を支える役目を担ってくれるからです。

しかし、ちょっと困った悩みもあるのです。加圧インナーは肌に密着しているため、有酸素運動によって大量の汗をかくと、インナーが肌にべっとりとくっつきます。インナーと肌の間に空気が入る隙はありませんから、乾くことは期待できません。季節によっては、風邪を引いてしまいそうですね。

まとめ

加圧インナーの最大のメリットは、日常的に姿勢キープできること、筋肉に刺激を与えることを意識できること、寝ている間も含めて24時間、継続的なトレーニングができるところにあります。加圧トレーニングと同じくリスクにはしっかり気を配り、楽しんで行なってください。