加圧トレーニングの服装の違いによるメリットデメリットを比較

なんでも新たなことにチャレンジするときは失敗がつきものですが、出来ることならなるべく失敗なんてしたくない。加圧トレーニングを始めるときも同じです。最初のウエア選びだって知識がないときは機能面より見た目のよさに釣られてしまう。でも加圧トレーニングの場合はウエア選びに失敗すると痛い思いをしてしまいます。そこでよいウエアと悪いウエアを比較して「これはだめ」というポイントを、ここでしっかり押さえておきましょう。そうすればムダになるウエアを買わずに済むのです。

服装の違いで生じる差とは

加圧ベルトを装着して行う加圧トレーニングは、器具を装着しないトレーニングに比べてウエア選びでも注意する点が多いです。それは、加圧ベルトで適切な圧力をかける必要があるからです。圧力のかけ方でトレーニングの効果が変わってしまいます。血液の流れを調節して行うトレーニングなので、ちょっとしたミスで危険な状況になる可能性もあるのです。

次に気をつけたいのは着用するウエアの素材です。ウエアに汗がしみこんで、ぬれた状態でからだにはりついてしまうとトレーニングしていても不快な気持ちになったり、からだがウエアに引っ張られて動きが制限されたりしてしまいます。からだを目いっぱい動かせる範囲が制限されてしまうので、気分もトレーニング効果もダウンしてしまいます。

そして、下着もウエアと同様に汗でべたつかない素材を選びましょう。女性の場合はブラジャーを着用するので動きやすいノンワイヤータイプのスポーツブラで快適なトレーニングが行える準備をして臨みましょう。服装によってトレーニングの効果に差が出るだけでなく、気分的な影響も出てしまうのです。

トレーニングにふさわしい服装

では加圧トレーニングにふさわしいウエアを具体的に確認していきましょう。ポイントは加圧ベルトを装着する両腕のつけ根と太もものつけ根部分がカバーされたデザインの服装を選ぶことです。

女性のウエアはトップスが半袖または5分袖のTシャツ、パンツは丈の長さがひざのあたりまである5分丈から7分丈のレギンススパッツがおすすめです。ブラジャーはワイヤーのないスポーツブラのハーフトップタイプ、そしてボックスショーツ(ボーイレッグ)の組み合わせがよいでしょう。トップス、パンツ、インナー全てに吸水性に優れた速乾タイプの素材が使われているものを選びましょう。

男性のウエアはトップスが半袖または5分袖のTシャツ、パンツは太もものあたりのダブつきがないハーフスパッツがトレーニング中の血管チェックもしやすいです。インナーはボクサータイプが動きやすく販売されている商品も多くておすすめです。こちらも吸水速乾タイプの素材から選びましょう。

加圧トレーニングは通常のトレーニングより汗をかきます。加圧トレーニング後に有酸素運動を組み合わせて行う場合は特に汗の対策が重要になってきます。汗を吸収しても水分をため込まない素材を選ぶことが、加圧トレーニングにふさわしい服装選びの近道です。

まず素材から選んで、次はデザインとおぼえておくとウエア選びで大きな失敗をすることはないでしょう。最近はデザインやカラーバリエーションが豊富なのでウエア選びも楽しくなります。

トレーニングにふさわしくない服装

次は、加圧トレーニングにふさわしくない服装を確認しておきましょう。ひと言で言ってしまうと、トレーニングにふさわしい服装の逆なのですがどうふさわしくないのかひとつずつ見ていきます。

まずトップスですが、加圧ベルトを巻く場所の肌が露出されるタンクトップやノースリーブのウエアです。加圧ベルトを巻く位置の肌が露出してそのまま素肌に直接ベルトを巻いてしまうと、血管を圧迫している場所が赤くなって痕が残ったり、肌が荒れてしまったりするのでふさわしくありません。逆に長袖の場合はトレーニング中に血管の状態がチェックできないという問題があります。

素肌に加圧ベルトを直接巻いて加圧ベルトの痕がついてしまうことに関連して、女性に注意してもらいたいことがあります。特に夏場のトレーニングで二の腕部分に真っ赤な痕が残ってしまい、腕を出す服しか持っていないと腕を出したまま家に帰らなくてはならないことです。

トップスと同様に股下の短いパンツや股下が長くて太ももの部分がダブダブになっているパンツもふさわしくありません。短いパンツだと加圧ベルトを素肌に直接巻くことになってしまいますし、股下の長いダブついたパンツは加圧ベルトの装着が困難になり、巻くことができたとしても正確な加圧の調節ができません。

またウエアの素材が、汗で吸収した水分ため込んで乾きにくいものだと、濡れたウエアがからだにはりついて動作を妨げる原因になります。べたついたウエアを着ていると不快な気分になりトレーニングに集中することができません。トレーニング中の動作の妨げになるのは、女性のワイヤー入りブラジャーも同じです。スポーツブラと比較すると動きにくいという難点のほか、素材の面でもトレーニングには向いてないといえます。

トレーニングにふさわしくないウエアの特徴をまとめると、加圧ベルトを巻く二の腕と、太もものつけ根がカバーされてないウエア。動作を妨げる動きにくいウエア。汗を吸っても乾きにくい素材。厚手の生地でダブついたデザインのパンツということになります。

加圧トレーニングにおすすめのウェア

加圧トレーニングにおすすめのトレーニングウエアを紹介します。加圧トレーニングのウエアはAmazonや楽天で購入することが出来ますが、ここでご紹介する商品は加圧トレーニング専用に開発されたウエアです。このウエアはウエアと加圧ベルトがセットになっているもので、加圧トレーニングの発明者の佐藤義昭氏とゼット株式会社によって認定されたKSアドバイザーが販売しています。

KSアドバイザーとして認定されたショップは北海道から沖縄まで日本全国にありますので、近くのショップを「加圧トレーニングウェア<カーツ>販売店リスト」から検索して購入することが出来ます。アドバイザーからトレーニングの説明を受けたあと、適切な加圧の数値を測定してもらいます。その後トレーニング方法のレクチャーを受けてから購入することができます。購入後のアフターサポートがしっかりしているので自信を持っておすすめいたします。

【男性用】
ウエア本体とベルトがセット
Vネックフィットシャツクイックドライ4WAYストレッチ(KXH8001)

ハーフパンツとベルトのセット
フィットハーフタイツ クイックドライ4WAYストレッチ(KXH8002)

ドライ素材のTシャツとベルトのセット
ライトT-シャツドライメッシュ(KXH8003)

【女性用】
ウエア本体とベルトのセット
シャツ クイックドライ4WAYストレッチ(KXH8601)

7分丈レギンスとベルトのセット
レギンス クイックドライ4WAYストレッチ(KXH8602)

ドライ素材のTシャツとベルトのセット
Tシャツ(KXH8101)

まとめ

加圧トレーニングの服装選びは、トレーニングをするうえでとても重要です。トレーニングウエアの善し悪しを比較してみると、トレーニングの効果にも影響を与えることになるのです。トレーニングの効果を最大に引き出し、快適にトレーニングを行うためにはまず正しいウエア選びから。

ポイントは、汗を吸水してくれて、速乾タイプでべとつかない素材を選ぶこと。そして、加圧ベルトを適切に装着できるデザインのウエアを選ぶこと。これを忘れなければトレーニングにふさわしいウエアを手に入れることが出来るでしょう。