効果的に筋肉をつけるなら加圧トレーニング!そのメリットは?

「男らしいし、なんとなくかっこいいから。」「ダイエットにいいと言われたから加圧トレーニングを始めた。」始める理由は何でも構いませんし漠然とした「やってみたいから。」と言った理由でも全く問題ありません。しかしやっていく内にメリットはもちろんですが「なぜそうなるのか?」と言うポイントを知っているだけで、応用がきき効果も高くなります。筋肉をつけたいだけでは無く、その理由やメカニズムを知り自分に合ったトレーニング方法を見つけましょう。

なぜ筋肉をつけるべきなのか?

筋トレがブームになり、老若男女問わずジム通いする方が増えていますが、なぜこんなにもトレーニングをする方が増えたのでしょうか。ジムへ行く大半の方が筋肉をつける為にトレーニングをしているのですが、この筋肉をつけるメリットに焦点を当ててみましょう。

人はストレスを感じると体内で有害なたんぱく質を生成してしますのですが、筋力が強いとその物質を追い出しやすくなりストレスを抱えにくくなります。

また老化のスピードを緩やかにする事もわかっていて、これは成長ホルモンが分泌されるからだと言われています。その影響で代謝を高めダイエット効果を感じたり、姿勢を良くする効果もあるので肩こりや腰痛を回避出来たりと多くのメリットがあります。

程よい筋力は男女共に魅力的なので、出会いのチャンスや人間関係で信頼を得やすいと研究で分かっています。

筋力が低下するとこんなデメリットが

多くのメリットがあるのはとても良いですが、反対に筋肉が低下すると考えられる事を知り自分に合ったトレーニング選びの判断材料にすると良いです。筋力が萎縮すると言うのは身体がエネルギーを求めて体内にある成分を分解している事が分かります。

筋力が無いと分かると身体は骨の成分であるカルシウムを分解し始め、それが慢性的になると骨が脆くなり、骨粗鬆症になるリスクがあります。また筋力は生命活動をする為に、臓器を動かしてくれるので弱くなると心臓を含む臓器の動きが悪くなります。その為心拍数が増えて少しの運動でも意気が上がります。

これが続くと心臓自体が小さくなりポンプ機能が衰えて、全身にうまく栄養素を運びこめなくなってしまいます。そうなると生命活動が出来なくなってしまい、やがて死に繋がってしまいます。

効果的にトレーニングするなら加圧トレーニングがおすすめ

簡単に筋力が弱いと言っても様々なデメリットがあり、場合によっては生命活動が行われなくなるケースもあります。毎日問題無く生活出来ているのならそこまで気にする必要はありませんが、将来を見据えてトレーニングを始めるのはとても良い事です。しかし仕事や家事に追われて中々時間が取れないのでやるなら効率的にやりたい。

そんな忙しい現代人に支持を得ているのが加圧トレーニングです。高負荷をかけずにトレーニングするので体力に自信の無い方にも安心ですし、週1・30分でも十分な効果を感じられます。知識があるなら自宅でもトレーニングが出来るので通常の筋トレよりも効率的です。

トレーナーによっては生活習慣のアドバイスをしてくれたり、モチベーションが下がらない様に声掛けしたりしてくれるので途中挫折せずにトレーニングに励めるのも特徴の一つです。

トレーニングをするメリット

加圧トレーニングは何といっても効率的なので仕事帰りやちょっとしたスキマ時間を使って出来るので、部位別に毎日筋トレに励む必要はありません。また重量のあるマシーンや器具も不要なので、女性や高齢者にもぴったりのトレーニングです。

またこのトレーニングはベルトを使って圧を掛けて一時的に血流の流れをストップします。それによって脳が成長ホルモンを分泌させるのですが、このホルモンは若返りホルモンとも言われていてアンチエイジング効果があります。トレーニーがはつらつとした方が多いのもこの成長ホルモンが関係しているからです。

血流を一時的に止めて、除圧すると勢い良く血液が流れるので全身の血流が良くなるメリットもあります。血流が良くなると冷え性を始めとする肩こりや頭痛、腰痛が改善するので年齢を問わずおすすめのトレーニングです。

トレーニングをするデリット

メリットがあればその反対もあるのが常ですが、加圧トレーニングでも同じです。このトレーニングは器具の使い方や筋肉の知識だけでは無く、圧のかけ方だったり人体の仕組みについての知識が必要だったりします。その為トレーナーの質によってトレーニングのクオリティが左右されてしまいます。

但しこの場合は、トレーナーをしっかり吟味しすぐに契約するのでは無く、体験レッスンやカウンセリングを受けて相性や人となりを判断すれば問題ありません。

自宅でトレーニングをする場合は圧の調整や制限が必要なので、初心者にはデメリットになります。正しい知識をつけるのが先決なので、始めからセルフで行うのでは無く必ずジムへ行きコツを確認して下さい。指導動画もありますが、実際に目で見るに越した事はありませんし質問や不明点を確認出来るのでジムへ通うのが良いです。

トレーニングをするデリット

何度かジムへ通ったけれど、ライフスタイルに合わないので継続が難しい。とは言ってもトレーニングは続けたいので迷っている。この場合、知識をつけるのを前提として自宅で加圧トレーニングがおすすめです。筋トレの様にダンベルやバーベルも不要ですし、加圧ベルトとウェアがあればいつでも出来るのがメリットです。

また1回につき30分程度なので、空いた時間に自宅でトレーニング出来るとコスパも良いです。自宅で行う場合は圧の調整・制限に気をつけて鍛えたい部位をトレーニングします。

部位にこだわりが無い場合は背中・腹筋・太ももは大きな筋肉ですし、筋力がつきやすいのでレッグカールやスクワット・デクラインプッシュアップ・プランクが良いです。これらは自重を使ってのトレーニングなので、一畳ほどの広さがあればすぐに出来ます。1セット10~30回を目安にするとベストです。

最低でも3ヶ月は継続しよう

ジム、または自宅で加圧トレーニングをする様になってしばらく経過するけれど、一向に筋肉がついている感じがしない。1度のトレーニングで付く訳はありませんし、1度のトレーニング後に筋繊維が完全に修復されるまで最短でも2~3日はかかります。それを何度も積み重ねていき、目に見えて身体の変化に気付くのは早くても3ヶ月程度です。

元々運動習慣の無い方は変化に気づきやすく、且つ初めの1~2ヶ月はパンプアップが大きいので筋肉がつきやすいです。しっかりトレーニングをしているのに全く変化が無い場合は栄養が不足している可能性もあります。筋繊維が大きくなるだけの栄養が体内に無くて、肥大できていない場合もあるのでトレーニングが終わったらたんぱく質を積極的に摂取するのがベターです。

他にも海藻やチーズ、赤身の肉など五大栄養素を意識して摂取して体造りを意識しましょう。

まとめ

人体が生命活動をする為に必要な筋肉は、運動能力アップだけでは無く持久力や体力の向上、更にはメンタルにも良い影響を与えてくれます。成長ホルモンが分泌される事で美容や健康を促進したり、より魅力的な身体を作ったりしてくれます。

そんな大切な筋力を作るには加圧トレーニングがおすすめです。時短だけでは無く、体力の無い方や初心者でも気軽に参加出来るのがメリットで、慣れて来たら自宅でトレーニングも可能です。トレーニングをしても変化が無い場合は食事に気をつけると良質な身体が作られます。