足痩せに効果的!加圧トレーニングのススメ!

細くてすらっとした太もも、長いふくらはぎはいつの世も美しいもので出来る事ならこうなりたいと思わせてくれます。長さはどうしようも無いけれど、せめて足の細さだけでも満足のいく状態にしたい。そう考えてダイエットに励むけれど、中々痩せてくれない。体重やお腹は食事制限や腹筋を鍛えれば良いですが、下半身のダイエットはやみくもにしても意味がありません。効果的に痩せる為には加圧トレーニングがカギを握っています。

なぜ足周りだけ痩せてくれないの?

女性の多くは足周りにコンプレックスを抱えているのがほとんどで、特に代謝が落ちてしまい30代に差し掛かるとカバーに専念してしまいます。ほっそりとした足があればショートパンツやミニスカート、更にはラインの出る細身のパンツが似合うのに。そう考えて悲観しないで原因を探り、効果のある方法を模索してみませんか?

下半身太りが起きるのは脂肪だけでは無く、むくみも原因の一つです。むくみは心臓から遠い部分に置きやすく簡単に言えば血の巡りが悪くなる事で生じます。座り仕事がほとんどのデスクワークをする8割の女性が悩まされていて、むくみが蓄積される事で代謝が低くなり、老廃物が蓄積されたり、脂肪が付きやすくなるといったりする負のスパイラルが生じます。

その為、食事制限をベースにしたダイエットは効果半減どころか更に代謝を落として、悪循環を生むリスクもあります。

自分のタイプを知り痩せ方を知る

自分にあったダイエットをするには、まず自分のタイプを知り効果的な痩せ方を知るのが最短までのステップです。元々スポーツをしていたり、今も運動をしたりするのが習慣になっている方は筋肉太りの可能性があります。このタイプは見た目・触った感じが筋肉質なのに思ったよりも力が無い、身体が硬いのが特徴です。このタイプはストレッチやマッサージを根気良く行うのが良いです。

続いては脂肪太りです。このタイプは全体的にメリハリが無く膝の周りにも脂肪がついているのが特徴です。とにかく脂肪を燃やすのが先決なので筋トレと有酸素運動を混ぜ合わせて落としていきましょう。

最後に紹介するのが水太りタイプで、女性のほとんどがこれに当てはまります。血行不良から来るむくみが原因なので朝と夜で足の太さが違ったり、靴下やストッキングの跡が残りやすかったりします。このタイプは心臓のポンプ作用をサポートする筋肉をつけるのがベストです。

有酸素運動よりも無酸素運動がGood

ダイエットの為に運動といえばジョギングやウォーキングがポピュラーですが、これらの有酸素運動は継続しなければ意味がありません。もちろん無酸素運動も継続が必要ですが、有酸素運動は体質改善というよりも今の状態から脂肪を燃やすだけなので少なくても週3、出来れば週5程度行わなければ意味がありません。また途中でやめるとすぐに元通りですし、筋肉が発達する訳ではないのでケースによっては食事制限も必要です。

それに比べて無酸素運動は筋肉を付けて代謝を上げるのが目的なので、有酸素運動よりも頻度が低く多くても週3程度です。一度筋肉がついてしまえば少し頻度を落としても問題ありませんし、仮に筋肉が落ちてしまった場合はトレーニングを開始すれば早い段階で元通りになります。

同じ継続ではありますが、無酸素運動の方が楽ですし効果が出やすいです。

加圧トレーニングでハムストリングにアプローチ

加圧トレーニングは加圧ベルトを巻いて、鍛えたい部位にアプローチをかけるのですが足やお尻痩せを考えているのならハムストリングを鍛えて下さい。

ハムストリングと言うのは裏ももの筋肉で普段の生活では意識しないと使いません。この部分は大きな筋肉になるので、意識的に動かし筋肉をつけると多くの燃焼効果があります。

またお尻と足の境目をハッキリさせてくれるので、上向きのお尻になりますし下半身がすっきりして見えます。筋肉が動くと全身の血流が良くなるのでむくみ解消効果や、心臓のポンプ作用をサポートしてくれるので身体に栄養が行き渡りやすくなります。冷えやむくみを感じている方も、加圧トレーニングでハムストリングを鍛えて健康促進してみましょう。

リンパの流れを良くして血流が良くなる?

トレーニングが終わったらすぐにシャワーに入ったり、疲れたからと言ってゴロ寝してしまったりするのはもったいないです。むくみ太りの方は血流の流れが悪くて代謝が下がっている可能性があるので、リンパマッサージをして血流を良くすれば、よりダイエット効果が高まります。

リンパマッサージは疲れた筋肉をほぐすだけでは無く、疲労回復や血行促進されるので足痩せを考えているならやってみて損はありません。握りこぶしを作ってかかとからくるぶし、アキレス腱に向かって揉みほぐしていきます。膝裏まできたら指でなでる様にマッサージしていくと、身体がポカポカと温まってきます。膝裏から太ももの付け根に向かって手で引き上げる様にするとむくみ解消効果があります。

トレーニング後はもちろんですが、入浴後など体が温まっている時に行うとむくみが取れやすく、下半身がほっそりします。

リンパの流れを良くして血流が良くなる?

よりトレーニング効果を出したい場合は、有酸素運動を取り入れるのがベストです。加圧トレーニングは圧をかけて一時的に血流を止めて、除圧により血行促進を促します。この時に脳は高負荷がかかっていると錯覚して成長ホルモンを分泌させるのですが、このホルモンが脂肪燃焼をサポートしてくれます。その状態で脂肪燃焼に特化した有酸素運動をすれば、トレーニング前よりも効率的に脂肪燃焼してくれます。

この時に気をつけて欲しいのが、加圧トレーニングをした後に有酸素運動の順番で行って下さい。逆にするとダイエット効果が薄れるだけでは無く、圧の調整が難しくなりデメリットになってしまいます。また有酸素運動は通常、20分以降で無いと脂肪燃焼が始まらないと言われていますが、加圧トレーニングでホルモン分泌をしているのでやった分だけ燃焼されます。

食生活の見直しはダイエットのカギ

健康的にダイエットをするには、食生活を見つめ直すのもポイントです。特に加圧トレーニングは食事制限をするのでは無く、五大栄養素を意識して摂取するのが重要です。

食事は意識しないと好きな物ばかり食べていたり、比較的安価な炭水化物をメインにした食事が中心になってしまったりするので、これでは筋肉が育ってくれません。特に炭水化物は生命活動をするにあたって重要な成分ですが、過剰摂取すると脂肪になりやすいデメリットもあります。

筋肉の栄養はたんぱく質がメインなので、大豆製品や赤身の肉、魚をから摂取して下さい。プロテインは良質なたんぱく質を簡単に摂取出来ますが、あくまでもサポートになるので食事に気をつける事が大切です。筋肉をつける事で足を始めとする下半身痩せが期待出来ますし、健康だけでは無く美容効果も期待出来ます。

まとめ

美しい足を手に入れるなら、単純に体重を減らすのではなく加圧トレーニングで筋肉をつけながらダイエットが良いです。普段の生活ではあまり動かないハムストリングを鍛えれば代謝がアップするので、毎日運動をしなくても脂肪燃焼をサポートします。

より効果的にダイエットをするのなら食生活を見直すのもポイントです。たんぱく質をメインに摂り、ミネラルやビタミンを意識すれば痩せこけるのでは無く健康的に引き締まるので、アナタの魅力が今よりもアップします。