加圧トレーニングで効果的にお尻を鍛える方法

国内でもフィットネスがブームになりしばらく経過しますが、近年では特にお尻をメインに鍛えるトレーニングが人気を呼んでいます。この部分は身体の大きな筋肉を使うので、代謝アップがしやすくダイエットにもぴったりの部位です。ちなみにトレーニングと言えば通常のものよりも加圧トレーニングが効率的ですが、お尻を鍛える事は出来るのでしょうか?またその方法や頻度、メニューについて知ればより魅力的な身体を作る事が出来ます。

今お尻のトレーニングがブーム?

ダイエットはいつの世も多くの人が取り組んでいますが、時代と共にトレンドである身体付きは少しずつ変わっていきます。日本では長い間、バストは大きいが腰やお尻を含む、他の部分は凹凸が無くストンとした体型が好まれていました。しかしこれは日本特有の好みであり海外ではメリハリの少ない幼児体型だと指摘されていました。そこで海外で支持される体型が徐々に日本にも浸透し、近年ではバストだけではなくウエストやヒップにくびれのあるセクシー、ヘルシーな体型が好まれる様になってきました。

フィットネスブームに続き、お尻を鍛える事で健康的でセクシーな体型になれる事から、多くの方がトレーニングに励んでいます。そんなヒップトレーニングがブームになりつつある今、ヒップ専用のトレーニングジムもある様です。

これからダイエットを考えている方は、単に食事制限をするのでは無く健康的にダイエットに励んでみませんか?

女性必見お尻を鍛えるメリット

お尻を鍛えるとどんなメリットがあるのでしょうか?別の項目でも少し説明しましたがヒップは大臀筋・中臀筋・小臀筋によって構成されている部分です。この部分は身体の中でも比較的大きな筋肉なので、この部位を鍛えると普段通り生活しているだけで脂肪燃焼をサポートしてくれます。有酸素運動は継続しないと意味が無いので、代謝アップが期待出来る無酸素運動はこの点が大きなメリットです。

続いて形の良いヒップはシンプルな服装をよりセクシーに見立ててくれます。海外セレブやモデルに多いのですが、オーソドックスなシンプルな服なのに映えて見えたりする事はありませんか?あれはボディメイクをしっかりしている為、シンプルでも美しく見えます。

更にヒップアップすると足長効果があったり、セルライトを目立たなくしてくれたりするメリットもあります。

加圧トレーニングと従来のトレーニングの違い

お尻のトレーニングが重要という事は理解しましたが、肝心のトレーニング方法にも多くの種類があります。特に近年注目を浴びているのが加圧トレーニングと言って、通常の筋トレはとは違う手法になります。

従来の筋トレはマシーンや自重を使って筋肉に負荷をかけるので、初心者や身体の弱い高齢者にはかなり大変でした。それに比べて加圧トレーニングは、特殊な器具を使い軽い負荷をかけて行うので従来の筋トレが難しかった方にもぴったりです。

また週1、30分程度のトレーニングでも十分な効果があるので忙しい現代人にこそ、おすすめのトレーニング方法です。但しこのトレーニングはある程度の知識や専門の器具が必要なので、初心者がセルフで行うのはあまりおすすめ出来ません。

自宅でも出来る?

加圧トレーニング自体は自宅でも出来ますし、ジムへ行くのが面倒だと言う方もいるので質問としてはイエスです。しかし加圧ベルトやリング、トレーニングDVDが販売されているのですがこれらを使うだけでは完全ではありません。このトレーニングはベルトで身体に圧をかけて一時的に身体を酸欠状態にします。そうする事で身体は負担がかかっていると勘違いして筋力アップの命令を出すので、これを利用して効率的にトレーニングを行います。その為、トレーニング方法だけでは無く身体の仕組みや筋力の動きなど、多くの知識が必要になります。

どうしても自宅でトレーニングをしたい場合はまずジムで指導を受けたり、身体の仕組みについて把握したりしてからトレーニングする事をおすすすめします。もちろんちょうど良い圧のかけ方や器具の使い方もマスターする必要があります。

専用ジムがおすすめの理由

自宅でも出来る加圧トレーニングですが、それでも専用ジムがおすすめですし実際に多くの方がジムに通っています。特にお尻のトレーニングはセルフで鍛えるのは難しい場所なので、これから加圧トレーニングを始めると言う初心者は専用ジムをおすすめします。

ジムを利用する際にほとんどの場合、始めに生活習慣や食生活の問診が入ります。自分では気づかなかったNG習慣やアドバイスを頂けるので、これだけでもジムには多くのメリットがあります。カウンセリングが終わったらさっそくトレーニングですが、トレーナーは客観的に見て鍛えておいた方が良い部分だったり、アナタにあったトレーニング方法・メニューを教えてくれたりするのでより効果的に鍛えられるのもジムのメリットです。

設備がしっかりしているので、ストレス無く鍛えられるのもジムの特徴です。

頻度とトレーニングメニュー

従来の筋トレは週2~3回が理想ですが、加圧トレーニングは週1で問題ありません。これまで筋トレをしていた方にとっては物足りないと思うかも知れませんが、1度のトレーニングでしっかりと筋繊維に負荷をかけてくれるのでそれ以上やっても身体に負担がかかるだけで意味がありません。それでももっとトレーニングをしたいという場合は、無酸素運動ではなく有酸素運動を取り入れるとベストです。全身を使う運動なので脂肪燃焼効果もありますし、歩く時にお尻の筋肉を使うので効果を高めてくれます。

おすすめのメニューとしては加圧ベルトを装着した状態でのスクワットです。器具をつけずに行うのでそんなに辛くありませんし、このメニューはお尻を構成している大臀筋・中臀筋・小臀筋全てにアプローチしてくれます。回数は15~30回で、出来る限りゆっくりと時間をかけると負荷がかかります。

効果がないと思ったら何をすべき?

通常の筋トレ、加圧トレーニングどちらも効果を感じられるまで早くても3ヶ月は必要です。これは筋肉が最短でつくまでの日数なので、人によってはそれ以上長くかかってしまうケースもあります。毎週しっかりとレーニングをしているにも関わらず効果が見られない場合は、食事に気をつけてみませんか?

トレーニングをダイエットだと考えて極力食事を取らないのはNGです。筋繊維に負荷がかかり回復させる事で筋肉がつくのですが、その際に多くのたんぱく質と炭水化物が必要です。特に炭水化物はまるで悪者の様に扱われていますが、人体には不可欠です。

トレーニングの後はたんぱく質を多めに摂りたっぷり睡眠を取って下さい。身体を休ませるのも立派なトレーニングの一つですし、より効率的にお尻を鍛えたいのなら正しい知識をつけるのが先決です。

まとめ

女性はもちろんですが、男性もお尻に筋肉があるとセクシーに見えます。パンツスタイルがキマりますし、シルエットがキレイなのでどんな服装も似合うメリットもあります。ヒップを効率よく鍛えるには、高い負荷をかける筋トレよりも特殊な器具を使う加圧トレーニングがおすすめです。

トレーニング自体週1の頻度で良く、知識があればセルフでのトレーニングも可能です。より効果を感じたい方は食生活や生活習慣を見直す事でボディメイクがはかどります。