お尻を加圧トレーニングで鍛えるメリットとデメリット

多くの女性が引き締まったお尻にあこがれていると思いますが、きれいなお尻になるのは簡単ではありません。ダイエットで減量しても、思ったような魅力的なお尻にはなれず、トレーニングはキツくて続かない。そこで少ない負荷と時間で効果が得られると評判の加圧トレーニングの人気が高まっていますが、加圧トレーニングにも注意点があり、やり方を間違えると十分な効果が得られず危険でもあります。そのメリット・デメリットについて、くわしくご紹介します。

トレーニングの方法を間違えると美尻を目指せない?

加圧トレーニングなら、お尻も効率的に引き締めることができます。でも、やり方を間違えると、思ったようなお尻になれない可能性があります。ひとつは減量についてです。シェイプアップのため、食事に気をつけることは基本ですが、あまりにカロリーを気にしすぎ、痩せてしまうとお尻に理想的な筋肉をつけることができないというデメリットがあります。闇雲に減量するのは、貧血などの原因にもなりますから気をつけましょう。

そしてトレーニングの仕方ですが、きれいな形のお尻を目指すなら、正しい筋肉の使いかたをしなければなりません。お尻の外側についている大きな大臀筋は縦方向にのびて、太ももの外側まで続いています。間違ってねじったままトレーニングしてしまうと筋肉がバランスよく付かず、太ももが外側に張り出してしまう可能性があります。

お尻は大きく、外側の大臀筋、中殿筋、小殿筋の3つの筋肉で出来ています。バランスよく鍛えなければ、理想的な美尻を手に入れることはできません。でもデスクワークなど座ることが多いとお尻の筋肉も硬くなっていて筋肉の深層部までトレーニングの効果を得られません。きれいな筋肉をつけるためにはまず、しっかりほぐしていくことが必要です。

また、骨盤のゆがみもお尻が垂れたり、お腹が出る原因となります。バランスよく筋肉をつけるためには、骨格を正しい状態にもどすことも必要になります。このように、効果的なトレーニングをするには、ひとりひとりの筋肉の状態や力に合わせて強度やメニューを変えていく必要があるため、専門のトレーナーの指導を受けることをおすすめします。

加圧トレーニングでお尻をきたえるメリット

現代人はスマホやパソコンのせいか猫背になりがちです。またデスクワークなど座っている時間が長いため、お尻の筋力はますます弱まり、将来は今以上に足腰が不自由な高齢者が増えてくるのではないでしょうか。便利になる世の中で運動不足も大きな問題だと言えます。

そこで、健康寿命を延ばすためにも、お尻を鍛えることが重要になってきます。その理由としては、お尻には人間の体の主要な筋肉のひとつとして、股関節を動かすという大切な役割があるからです。お尻を鍛えると、見た目だけでなく健康にも大きなメリットがあるのです。

骨盤を支えるお尻は歩行ともかかわりが大きく、お尻の筋肉が落ちれば股関節の動きに影響して、ひざの痛みや腰の痛みが出てきてしまいます。ひざや腰が痛めばますます歩くことがつらくなり、ますます筋力が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

そこで意識的にお尻を鍛えることで姿勢はよくなり、気になるお腹も引き締めることができます。そしてお尻の筋肉を鍛えることは、健康寿命を延ばし、生涯にわたって元気に自分の足を使って行動するためにも効果的なのです。

またお尻には大臀筋という、体の中の3大筋肉のひとつである大きな筋肉があります。大きな筋肉を鍛えることで効率的に基礎代謝が上がり、太りにくい体になることができます。ダイエットの面からもお尻を鍛えるメリットはあるということです。

そして丸く引き締まった美しいお尻は美容の面からも重要で、垂れ下がった残念なお尻では流行の細身のパンツやスカートもかっこよく着こなすことができません。引き締まったお尻は足長効果もあり、全身のスタイルがよく見えます。

夏には、出来れば水着になってプールや海で泳いだり遊んだりして楽しみたいと多くの女性は思うでしょう。お尻にコンプレックスを持っていては人の目が気になって、水着になることを躊躇してしまいがちで、積極的になれません。せっかくの恋愛のチャンスも半減するのではないでしょうか。

そこで加圧トレーニングでお尻を鍛えて、人もうらやむ美尻を手に入れましょう。運動に苦手意識がある人も、加圧トレーニングなら自分のペースで軽い負荷で始められるので怖がることはありません。実際の加圧時間は10分ほどですので、筋トレの経験がない人も、筋力が無い人も無理なくできます。何よりもすでにひざなどに痛みを抱えている人でも、専門の医師やトレーナーと相談しながら、トレーニングが可能なことが魅力です。

あなたは加圧トレーニング向き?

ズバリ、加圧トレーニングに向いている人とは、筋トレ経験があまりない、体力のない女性や高齢の方です。また、ふだん忙しくて毎日筋トレに通うことができないサラリーマンなどの方たちにもおすすめします。それは軽い負荷の短時間のトレーニングでも、重度の筋トレを行ったような効果を得られるからです。

加圧トレーニングは、腕と足の付け根に加圧ベルトをつけて血流を適度に制限することで、軽い負荷でトレーニングでも重度のトレーニングをしているような体の状態を作り出します。それによって脳が勘違いして血流を増やし、筋肉を増やすために成長ホルモンを多く分泌します。

血流を制限していた状態から除圧すると、止められていた血流が勢いよく流れだします。これを繰り返す事で、血管が活性化して動脈硬化などの予防につながり、血管内の老廃物も流れやすくなります。

このような効果から、高血圧気味な方や、血行不良が原因でいろいろな不調がある方などは加圧トレーニングが適していると言えます。血行が良くなると、肩こりなども軽減されます。進行して体のあちこちが痛い場合などでも、短時間で軽い負荷で行う加圧トレーニングは最適でしょう。

また、成長ホルモンが大変多く分泌されることで脂肪が燃焼されやすくなるという効果があります。筋肉が増えると基礎代謝があがるので、ダイエットが目的の人にもぴったりです。特に加圧トレーニング後に有酸素運動を取り入れることで、効率的に脂肪が燃焼できます。

加圧トレーニングの頻度は週1~2回でよいとされています。加圧する時間は10分程度と、短時間で効率よく脂肪を燃焼できるので、筋トレにあまり時間を取ることが難しいサラリーマンで、中性脂肪が気になる方にもぴったりなトレーニングです。

まとめ

きれいなお尻になれたなら、今まで自信が無くて避けていた細身のパンツも自信をもって履きこなせます。加圧トレーニングで健康的な体と美尻を手に入れれば、積極的におしゃれが楽しめるでしょう。

もしお尻のトレーニングを続けていて、かえって腰回りがきつくなったような気がしても心配はいりません。下がっていたお尻が上がってきている証拠です。鏡で自分の後ろ姿も時々チェックしてみましょう。

こんなに魅力いっぱいの加圧トレーニングですが、調整が難しく、間違ったやり方では危険なこともあります。必ず公認のトレーナーの指示を仰いで行ってください。