加圧トレーニングは週1でも効果はある?筋肉への影響は?

筋肉をつけたい!そう思った時に筋トレを始めるのですが、正しいフォームやマシーンの使い方など細々とした事を覚える必要があります。会員制のジムだったりパーソナルトレーニングのトレーナーであればしっかりと説明したりしてくれますが、その場合はかなりのコストが発生します。また確実に筋力アップする場合は週に何度も通わなければなりません。しかし加圧トレーニングはそんな煩わしさは無く、週1でも効率的にパフォーマンスアップが期待出来ます。その理由や効果を掘り下げて説明しています。

筋トレの頻度

フィットネスが浸透している今、筋トレをしている方は多いですし仕事や学校帰りにジムへ行く方も珍しくありません。ホームトレーニーと言って自宅でマシーンを揃えてトレーニングする方もいますが、知識や一定の費用が必要なので初心者にはおすすめしません。

ちなみに筋肉を早くつけたいからといって毎日激しいトレーニングをするのはNGです。運動で傷つけられた筋繊維は数日かけて修復し、その修復と共に少しずつ大きくなっていきます。この時にしっかりと栄養を身体に入れて休ませないと、筋繊維が大きくなってくれません。一般的な筋トレは多くても週2~3回、時間は1時間程度が理想ですが、部位ごとに分けてトレーニングをするのでほとんどの方が毎日の様に筋トレをしています。

社会人にとって毎日1時間はかなりの負担ですし、体調やメンタルによってはやりたくない日もありますが、トレーニーはそれを乗り越えて日夜鍛えています。

なぜ加圧トレーニングは頻度が少ないのか?

基本的に筋トレは週2~3回、時間は1時間程度と言われていますが、加圧トレーニングはその半分で良いとされています。その理由はトレーニングの方法にあります。加圧トレーニングは加圧ベルトを使い鍛えたい部位に圧をかけます。この圧がかかる事で一時的に血流が止まり、それを察知した脳は高負荷がかかっていると錯覚し成長ホルモンを分泌します。

このホルモンが筋肥大のカギなので、圧をかける事で効率良く分泌させられるので週1でも同じくらいの効果があります。同様の理由で時間も30分程度で良いです。

またベルトを外した時に勢い良く血液が流れるので、全身の血流がよくなる利点もあります。但し脳を含む筋肉や身体はしっかりと動いているので、終わった後はドッと疲れが出てしまいます。

トレーニング時の筋肉への影響

筋肉が付く・付かないは成長ホルモンにかかっているのですが、成長ホルモンだけでは無く男性ホルモンも筋肉に大きく影響を与えます。

男性ホルモンはいくつか種類がありますが、今回はテストステロンに着目しています。このホルモンが分泌されると筋肉が付きやすくなるだけでは無く、脂肪燃焼もサポートしてくれます。全てのトレーニングの原点は「筋力をつける事」になるので、如何にホルモンを分泌させるかが重要です。

ちなみにこれらのホルモンが分泌されないと老化が早まったり、うつ状態になったりする事が分かっています。世界的に成功している方や、仕事の出来る方はほとんど運動やトレーニングを習慣にしています。これは筋肉が付く事で自信が持てると言った簡単な問題では無く、ホルモンが作用して気持ちを前向きにしてくれているからだと言われています。

食事を制するものはトレーニングを制する

血肉は食事によって作られているともいえるので、筋肉をつけるのなら食事に着目するのも賢い方法です。ダイエットと言えば食事をしない、制限するのがほとんどですがトレーニングではNGです。何を食べても良い訳ではありませんが、しっかりと食べて身体に栄養素を蓄えます。

そしてトレーニングでエネルギーが切れてしまった筋繊維は栄養を補給して自らを補修します。その際に必要なのがたんぱく質と糖質です。日本人はたんぱく質が不足しやすいので、赤身の肉や魚・大豆製品を積極的に取ってたんぱく質を補給して下さい。プロテインを飲むのも良いですが、あくまでもサポートになるのでメインは食事から摂取するのがベストです。

炭水化物は小麦・麺・米になりほとんどの方が過剰摂取しているので、トレーニングの際は普段よりも少しだけ少なく摂取するのを心掛けて下さい。

ダイエット・美容にも最適です

加圧トレーニングについて調べていると美容やダイエットに良いと言われていますが、これも成長ホルモンや男性ホルモンが作用しています。成長ホルモンは思春期を迎える頃に多く分泌され、18歳あたりをピークに徐々に分泌量が少なくなります。このホルモンは名前の通りあらゆる細胞が成長し、活発に動く為に必要な働きをしています。その為、加齢と共に老化が始まるのですが加圧トレーニングはその成長ホルモンを分泌させる働きがあります。

男性ホルモンも同様の効果があり心身ともに若々しい状態をキープします。どちらも代謝アップ効果もあるので、激しい運動をしなくても痩せやすい身体が作られます。また圧をかける事で血流がよくなるので女性に多い冷え性や慢性的な頭痛・肩こりを改善してくれるので、ダイエット・美容どちらにも最適なトレーニングです。

ダイエット・美容にも最適です

筋力アップすると単に力がつくのでは無く、運動のパフォーマンスをアップする効果もあります。これは単に筋肉がついたからでは無く、同時に持久力も養われたからです。全身の血流がよくなると身体中に栄養が行き渡りやすくなります。それまで栄養が枯渇してうまく動いていなかった臓器が正常に動き出すので、身体能力が向上するメリットもあります。

体温が高くになる事でしなやかに動くようになったり、免疫力がアップしてケガが治りやすくなったりするので、運動をしている方にこそ加圧トレーニングはおすすめです。

実際にトレーニングをし始めてから運動能力がアップして、前よりも楽しく動ける様になったという声もあります。ちなみに成長ホルモンや男性ホルモンや五感を刺激したり、ストレスを減らしたりする事で分泌しやすくなるのでアウトドアな趣味を持つのも良いです。

高齢者にもおすすめの理由とは

時折世間を賑わせる元気すぎる高齢者ですが、その多くが運動習慣を持っています。とは言っても若い頃から運動をしていた方からいざ知らず。高齢者が急に運動をすると危険では無いか?と不安になってしまうのも理解出来ます。確かに筋力が衰えている高齢者がハードな運動や、高負荷をかけた筋トレは危険です。

まずは全身の心肺機能を高め、臓器がしっかりと動いている事を確認してからのトレーニングがおすすめです。それに該当しているのが加圧トレーニングです。

体力や状態に合わせてメニューが組めますし高負荷をかけるダンベルやバーベルは初期の段階で必要ありません。また血液の流れがあまり良くない場合は、加圧する事で正常に戻る可能性もあります。これを繰り返していると筋肉だけでは無く身体の内側から健康になっていくので、高齢者にこそ加圧トレーニングがおすすめです。

まとめ

筋肉をつける為に日夜多くのトレーニングをしているトレーニーは多いですが、加圧トレーニングはトレーナーが専属で着き、且つ従来のトレーニングよりも短時間で筋力アップ出来ます。

肥大したい部位にベルトで圧をかける事で、ホルモン分泌を促すのが理由で筋肉が付く以外にも美容やダイエット、そして健康促進の効果があります。特にハードなトレーニングが難しい高齢者や体力の無い方にも負担なく出来るのが特徴で、週1でも充分な効果があります。