加圧トレーニングで必要な器具を安く買うコツとは?

加圧トレーニングですが、自重トレや従来のジムトレと違い専用の器具が必要です。ジムでトレーナーを付ける場合は問題ありませんが、セルフで行う場合はどこで購入すれば良いのでしょうか?出来ればお得に購入したいのはもちろんですが、選ぶ際の注意点やポイントも公開しているので自宅トレをされる方に役立ちます。他にも初心者におすすめのメニューや、どんな方におすすめなのかを説明しているので参考にしてみて下さい。

筋トレは自重だけでは無い

筋トレと言えば自分の体重を使って負荷をかける自重トレーニングがポピュラーですが、それだけではありません。近年では軽負荷で効率良く鍛えられる加圧トレーニングが支持を得ていて、このトレーニングは専用の器具を使ってトレーニングする事で体力の無い方、運動習慣の無い方でもしっかりと効果を感じる事が出来ます。

鍛えたい部位に圧力をかけて一時的に血流を止めます。そうすると脳は高負荷がかかっていると錯覚し成長ホルモンを分泌させたり、筋繊維に負荷をかけたりします。そこで除圧して血流を戻していきます。これを繰り返していると筋力アップしやすいだけでは無く、血流がよくなり肩こりや冷え性にも効果があります。

より効率良くトレーニングをしたいのなら、マシーンや自重トレよりも加圧トレーニングがおすすめです。

加圧トレーニングは忙しい現代人におすすめ

多くの方が加圧トレーニングをプッシュしている理由の一つに、時短効果がある事が挙げられます。従来のトレーニングは週2~3回、鍛える部位にもよりますが1時間程度必要でした。多くのトレーニーは毎日トレーニングをしながら、日替わりで部位を分けているので実際は毎日トレーニングをしているのがほとんどです。社会人になると自分の時間が少なくなりますし、それを全てトレーニングにつぎ込むのは難しいです。

その反面加圧トレーニングは週1、しかも時間は30分と半分になります。有酸素運動や他の部位を鍛える為に毎日の運動をしなくても効果を感じやすいので、効率という意味では従来のトレーニングと比較してもかなりの差があります。

また筋力がつく事で運動能力がアップするだけでは無く、男性ホルモンが分泌される影響で決断力がアップすると言われています。

ジムへ通うよりも自宅が良い理由

多くのメリットを感じられる加圧トレーニングですが、ジムよりも自宅トレを好む方もいます。理由は人それぞれですが、ジムよりも格安でトレーニング出来るのが一番のメリットです。

加圧トレーニングジムは1回あたり6000~8000円程度の費用が発生します。それにプラスして交通費やドリンク代も発生するので、継続するとかなりの費用になります。それに比べて自宅トレは始めに器具やグッズを集める必要はありますが、ジムに比べても格安で出来ます。

また時間帯を選ばずにトレーニングが出来るので空いた時間に少しだけトレーニングしたり、仕事から帰ってから鍛える事も出来たりします。しっかりと指導を受ければ難しいものではありませんので、伸び伸びとトレーニングしたい場合はジムよりも、自宅トレがおすすめです。

どんな器具が必要なの?

自宅トレを始める場合、いくつかの器具が必要です。ダンベルやバーベルなど通常の筋トレで使うものも必要ですが、加圧トレーニングといえば加圧ベルトです。このベルトが無いと身体に圧をかけられないので意味がありません。

ベルトはマジックテープタイプ、バックルタイプがあり前者は圧のかけ方を調整しやすく、体調や強度によって合わせやすいです。後者は一定に圧をかけられるので、常に同じ強度でトレーニングがしやすい特徴があります。また長さや幅など多くの種類があるので、自分の体型や体格に合わせて選ぶとリスク回避が出来ます。

そして忘れてはいけないのがウェアですが。必ずしも加圧ウェアでなければならない訳ではありませんが、着るだけで圧がかかるのでトレーニング効果をアップさせたい方にはマストです。通常のウェアの場合は直接ベルトが肌に触れない様に長袖・長ズボンがベストです。

器具はどこで買えばいい?

必要な器具を理解したら、実際に購入ですが実店舗・ネット通販だとどちらにメリットがあるのでしょうか。実店舗のメリットは店員と相談しながら購入出来る点です。トレーニングDVDやジムでおすすめを聞いたとしても、自分で判断するのが不安と言う場合は実店舗での購入がおすすめです。但し住んでいるエリアによっては品揃えが少なかったり、そもそも店舗自体がなかったりするデメリットもあります。

ネット通販の場合は自分のタイミングで購入出来る、そしてネット通販は人件費や輸送費がかからないので実店舗よりも安くなるケースもあります。しかしスタッフや担当者へ相談が出来ず、トラブルが生じた時も自己責任になります。また販売元によっては器具の写真を含む情報が少なく、良い製品であるか判断が難しい場合もあります。仮に不明点があればメールやアプリを使って質問するのが良いです。

器具はどこで買えばいい?

出来ればお得に、安く購入できたらこっちのもの。しかし値切るワケにはいきませんし、安いと言っても粗悪品を掴まされては意味がありません。実店舗でお得に購入する場合はジムに系列している店舗であるか事前に調べると良いです。会員割引だったり、ジムに行った事のある方限定の割引やクーポンを配布したりしている可能性もあります。また少し前のタイプ、いわゆる型落ち品はセール対象になるのがほとんどなので、季節の変わり目を狙って購入するのも賢い方法です。

ネット通販の場合は公式サイトだけでは無くショッピングモールや大手通販サイトで同じ製品を検索し、価格を比較してみましょう。同じブランドが出している器具だったり、効果が同じものを購入したりするのも良いです。但しこの場合、効果は同じであっても別の製品になるので、注意が必要です。

揃ったらトレーニングを始めよう!

いくつかの器具が揃ったのでさっそく自宅で加圧トレーニングをしてみましょう。まずウェアに着替えたらトレーニングしたい部位にベルトを巻いていきます。この時、肌に直接ベルトが触れてしまうと肌荒れはもちろんですが、圧のかけ方によってうっ血してしまいます。

うっ血自体は2~3日で消えますし、体調に悪影響はありませんがかなり目立ちますので出来るだけ長袖・長ズボンでカバーし、夏場は特に気をつけて下さい。

圧がかかったと感じたら後は普段通りのトレーニングでOKです。とは言っても高負荷をかける必要はありませんし、従来の筋トレの様にその部位が動かなくなるまで回数をこなす必要はありません。体調に合わせて1セット15~30回を3セット行えば十分に効果があります。1回の加圧トレーニングは30分程度で良く、それ以上長くやってもあまり意味はありません。

まとめ

効率的に筋力アップが期待出来る加圧トレーニングは知識があれば、自宅でもトレーニング出来ます。自分のタイミングやスキマ時間に鍛えられるので、忙しい方にもぴったりのトレーニング方法です。

自宅トレをする場合はまず器具の準備から始まります。加圧ベルトに加圧ウェア、そして筋トレに必要ないくつかのグッズを集めます。実店舗・ネット通販どちらも一長一短なので自分の好みやこだわりに合わせるのも良いです。トレーニングは1回30分、週1で効果が見られます。